頬骨整形によって生まれ変わりました

術後1ヶ月ぐらい痛さはあったけど、小顔になれた

整形頬骨頬骨骨切り・骨削り

カウンセリングの際にお医者さんからは出っ張った頬骨を希望する高さにまで削って、顔の凸凹をなくすことでフェイスラインを整える、小顔効果も期待できるといわれました。
手術は通常一泊の入院で行われるけれども、全身麻酔を行なったうえで口の中を切開して頬骨を削っていくということで、聞いただけで怖くなりましたが、長年の夢だったため手術を受けることを決意しました。
そしていよいよ手術を受けました。
手術は入院を伴う大掛かりなもので、全身麻酔をして行ったので手術中は全く記憶がなく、手術後数時間して目が覚めました。
一番心配していたのがダウンタイムですが、やはり私の場合は非常に長引きました。
手術後の3日間は一番痛みや腫れがひどくて、顔がパンパンになっていて、本当に元に戻るのだろうかととても心配でした。
腫れや痛みが軽くなるまでには1週間以上を要しました。
また皮膚の下に血の塊ができてしまいましたが、私の場合にはそれほど大きいものではなかったので、2週間ほどして自然に吸収されていったようです。
最終的に元の生活に戻れるようになったのは1か月ほどかかったように思います。
すべてが終わった今はもともと顎が細かったこともありとても小顔になりました。
長年コンプレックスを感じていましたが自信を持てるようになったので、これから就職して恋人をみつけ、幸せに暮らしていきたいと思います。

女は顔!整形するため高卒社会人で貯金貯金200万で実績のあるクリニックで整形術後1ヶ月ぐらい痛さはあったけど、小顔になれた